シミはとにかくできないように努力することが大切

シミは一度作ってしまうと、なかなか治らない厄介なものです。
薄い小さなシミでも自力で何とか治そうとすると、早くても数ヶ月はかかってしまいます。
そのためシミはとにかく作らないように予防するのが大切です。

 

シミの厄介なところは、日光を浴びたあと即座にシミになるとは限らない点です。
日焼けとは違い、すぐに影響が出ないだけに油断してしまいやすいのですが、「若いころに浴びた紫外線による影響が、もう少ししたらシミとなって出てくるかも知れない」という恐怖はかなりものです。

 

面倒でも日焼け止めはしっかりと、4〜10月くらいまでのシーズンは日焼け止めだけではなくて、外出時は日傘もしくはUVカット加工のされている帽子をかぶるようにしましょう。

シミ予防の基本は日焼け止め!!

シミの原因になる対策としては、紫外線をいかにして止めるかということだと思います。
基本となるのは日焼け止めクリームで防御すること。

 

顔が命の女優などは、外出しない部屋の中でも日焼けクリームを塗っているのだそうです。
それくらい慎重にケアすれば、全くシミのない綺麗な肌を保つことができるということ。

 

日焼け止めクリームの基準となるSPFやPAの数値が高ければ大丈夫と考えがちですが、あまりに数値の高いものを使えば肌の負担が高まるので、ちょっとだけ外出するとかの時のために、 SPF20程度のクリームを準備していることも必要になってきます。

 

そして、直射日光に当たる可能性があるときにはSPF50を重ね塗りするということ。
白い顔になる寸前まで重ね塗りしてしっかりガードする必要があります。

 

シミ消す方法 シミがはがれる - トップページ